ムダ毛の自己処理での失敗談

ぼくがムダ毛メンテをし始めたのは、高校になったばかりの時でした。
周りの子がムダ毛メンテをしていることに気付いた中学のところから意思にはなっていましたが、自分で剃刀を貰うのが恥ずかしくて父母にも言えずそのままにしていました。
ただ、ワキだけは母親の剃刀をそっと借りて剃っていました。
ただしある時ふとハイスクールの門の先ほどで剃刀の見本を配っていて、なのでやっと剃刀を買い出しが出来ました。
その日からぼくは上肢や徒歩、ワキのムダ毛を自己処理するようになるのですが、その中ではもちろん罪もたくさんありました。
誰でも経験することだと思いますが、剃刀での自己処理だと間違ってスキンを切ってしまうことがあります。
剃刀は用いるうちに切れ味が悪くなる結果刃を交換しなければなりませんが、ぼくはどうしてもズボラな結果まだ使えるとこまめに交換していなかったのも原因の一つだと思います。
顔の産毛を剃る剃刀だと方法が滑って顔に傷付けてしまったり、手を切ってしまうこともよくあります。
また剃刀でのメンテは毛髪をブツッって下回る結果回数を続けるうちに剃った後のつぶつぶが目立ってきて、形が汚くなってくる。
とりわけワキは剃った上もチクチクといった違和感があるので、ワキだけは毛抜きでの自己処理に転じました。
毛抜きだと根元から処理できる結果初めのうちは抜くときの苦痛はかなりありましたが、剃刀よりはきれいにメンテできます。
但し毛抜きはかなり時間も掛かる柄、表皮を傷め易く毛髪と共にスキンまで挟んで内出血を起こしたり、傷付いたところから黴菌が入ったのか腫れて激痛を伴ったこともありました。
もう一度傷付いたところからもう毛が生えてくると、スキンの中に埋まった状態で生えてしまい黒ずみが目立つようになりました。
ムダ毛メンテをした後のアフターサービスも大切ですが、これもなんとなく動揺で怠ってしまうことがあり冬場だととにかく乾燥してドライ粉を吹いてしまったことも何度もあります。
抜け毛店先ならきれいに処理していただけるが、断然自己処理の方が気軽で時やお金があまり掛からないので当人でしてしまう。
何かと罪を重ねて来て思ったのは、当たり前ですが剃刀や毛抜きにおいて処理するならちゃんと行動アフターサービスも敢然とすることが鍵ですなと感じました。
ぼくは今でも絶えず自己処理ですが、多少なりとも表皮に手みたい週間に1回のペースで行動保湿クリームでのアフターも敢然とするようにしてある。
そのおかげで肌荒れも無くなりそれほどきれいに処理することができるようになりました。ダイエットエステに興味あり